プラスチックカードの磨耗耐性について

その他2018.11.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。いつも研美社ブログをご覧下さり有難うございます。

最近、お客様より、プラスチックカードにはどの程度の磨耗耐性がありますか?とか
表面コーティングはどうなっていますか?とご質問頂く事が増えてきております。

そこで今日は、卓上簡易磨耗テストをしてみましたので、目安として磨耗耐性をご理解頂ければと思います。
下記4種類のカードですが、すべてPVC(塩化ビニール)素材のカードです。
1番上は、①オフセット印刷の上にラミネート層が表裏0.1㎜ずつ構成されています。
2番目が、②オフセット印刷ですが、ラミネート層がないカードです。
3番目が、③UV(紫外線)インクジェットカードです。インクジェット拭き付け後UV照射で表面を短時間で硬化させています。ラミ層なし。
4番目が、④ヘアラインカードPVC基材にヘアラインフィルムを貼り、箔押し加飾したカードです。ラミ層はありません。

※テスト条件は、アルミニウム製の定規の先端でカード上半分を10回一定方向に擦り続けました。

結果はご覧の通りです。
①ラミネート層があるオフセットカードは少し見づらいですが、アルファベット文字の上下に
擦りキズが付きましたが、印刷層まで到達しておらず、インク剥がれは皆無でした。
②ラミネート層がないオフセットカードは、歯のイラストの左側が白くなっている通り、
印刷が剥がれています。
③UVインクジェットカードは、印刷部分はノーダメージでした。
グリーンとブルーの間のカード白地部分がキズ付いているのみです。
UV照射による表面硬度が非常に優れていました。
④ヘアラインカードは、金箔は瞬時に剥がれてしまいました。ヘアラインフィルム自体も
負荷の高い箇所は削られてPVCの白地がむき出しになりました。

今回のテストでは、意図的に傷つける目的、擦った結果です。
実際に日常カードを使用する分には、特に注意事項もございませんので、
ご安心して各種カードの作成をして頂ければと思います。

今後とも研美社をよろしくお願い致します。
https://www.kenbisha.com/

関連記事

その他

昇華転写印刷社員証-ご作成(株式会社スノードロップ様)

詳しくはこちら