カードデータ作成「塗り足し」のご説明

プラスチックカード印刷2015.06.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
研美社ホームページにお越し頂きありがとうございます。

今回は、プラスチックカードデータを作成いただく上での注意事項を
ご説明させていただきます。

カード端までデザインがある場合、「塗り足し」が必要です。

塗り足し」とは

カード仕上がりサイズの外にある、裁断される部分のことです。

塗り足しカート゛0.jpg
↑白い線より外にある黒デザインのところが塗り足しになります。
(白い線はカード仕上がりサイズです)

オフセット印刷やオンデマンド印刷のプラスチックカードは
1枚の大きなシートにカードデザインを複数面付して印刷し、
最後にカードサイズに裁断します。

その印刷・加工の作業の中で、わずかですがズレが生じます。
その際、ズレた場合カードの白地が出ないように
周囲約3mmの「塗り足し」が必要となります。
このトンボ内が3mmとなっております。
トンボ内に塗り足しを作成していただくとベストです。

塗り足しカート゛2.jpg

もし、「塗り足し」がないと・・・

塗り足しカート゛3.jpg

このように、カードの白地が出たものが仕上がってしまいます。
この白地を出さないように、カード仕上がりサイズより
大きくデータを作成「塗り足し」を作成していただくことで、

塗り足しカート゛4.jpg

カード端まで印刷が載った素晴らしい仕上がりになります。

尚、インクジェットカードに関しましては、「塗り足し」は1mmが原則です。

塗り足しカート゛5.jpg

 

各プラスチックカード商品のページに
入稿データについてご説明させていただいております。

カート゛テ゛ータ入稿.jpg

カードデータ作成用テンプレートダウンロードもご用意しております。
そちらもカードデータ作成前にぜひご活用下さい。
こちらから>>>テンプレートデータダウンロード

カードデータ作成で、お困りでしたら
当社DTPスタッフが丁寧にご説明させていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。
こちらから>>>データ作成の詳しい説明

関連記事

プラスチックカード印刷

テレビ視聴権販売VODカードについて

テレビ視聴権販売VODカードについて

詳しくはこちら

プラスチックカード印刷

クリーニング店向けカード

クリーニング店向けカード

詳しくはこちら

プラスチックカード印刷

変形サイズ・大判サイズのプラスチックカードを作成

変形サイズ・大判サイズのプラスチックカードを作成

詳しくはこちら