UVインクジェット印刷の特徴について

商品のご紹介2016.06.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インクジェットカード

UVインクジェット印刷の特徴

プラスチックカード、各種PVC素材、PET素材はもちろんさまざまな素材へ印刷が可能となっております。
オフセット印刷に比べて、多めにインクを使用し、吹き付けたインクをUV照射にて硬化させる印刷技術です。オフセット印刷では、紫外線劣化でインク持ちが少し弱いのに対して、UVインクジェット印刷では比較的長期間に渡りきれいにインクを保つ事ができます。
また、フルカラーに加えて高濃度の白インク印刷可能なので、質感を表現するために厚盛り印刷による
立体風文字、テクスチャ加工も可能となります。 ※オフセット比
UVインクジェット印刷をご利用いただくことにより、お客様のニーズに合った、
きれいで長持ちするプラスチックカードをご提供いたします。
小ロット、低価格のメリットのほか、短納期で仕上げることができます。
この特徴を活かしまして、研美社では、お客様のご要望に沿ったご提案をして参ります。

UVインクジェット印刷商品

・インクジェットカード

・イベント・スタッフパス

「製版」を必要としないので「製版代」が不要です

UVインクジェット印刷は直接プラスチックカードにプリントいたします。
シルク印刷のように製版を必要としないので製版代が不要で、さらに多色刷りも解決します。
ご希望されるプラスチックカード以外のサイズに関しましても対応いたします。
また、支給ICカードへの印刷も相性が良いのでお試しくださいませ。

ご案内ページ ICカード.com ご支給カード印刷

?UVインクジェット印刷ご利用時にご注意いただきたいこと

素材によっては、インクノリが悪い、素材の色が響くことがあるなど、定着・色表現しづらい場合がございます。
また、印刷直後は独特の匂いがございますが、時間の経過とともに気にならなくなりますのでご安心ください。
まずは、ご相談を承りますので、お気軽に弊社スタッフまでご相談くださいませ。
UVインクジェットの問い合わせはこちら

関連記事