図書館、公共施設の利用者カードはいかがでしょうか?

商品のご紹介2016.06.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館や公共施設の利用者カードにおススメのプラスチックカード

図書館利用カード

図書館や公共施設利用者カードをご検討されているなら、
塩化ビニール(PVC)プラスチックカードがおススメです。

一般的なクレジットカードやキャッシュカードと同じ作りで、
プラスチックカードの最も標準的なタイプです。
塩化ビニール(PVC)プラスチックカード印刷の表面は
透明オーバーシート加工が施されていますので、
摩擦にも強く耐久性に優れたカードとなっており、
長期間ご利用いただく図書館や公共施設の利用者カードには最適です。

さらに、塩化ビニール(PVC)プラスチックカードに
直接署名ができるサインパネル加工や
エンボスナンバリング加工、バーコード印字加工など、
多くのオプション加工にも対応していることが人気の秘密です。

PVCプラスチックカードご利用時にご注意いただきたいこと

原稿データはAdobe社Illustrator(イラストレータ)にて作成してください。
CCまで対応しております。
保存形式はaiまたはepsにてお願いします。
規定サイズは85.6㎜×54㎜となります。
データにはトンボ(トリムマーク)をつけていただき、
テキストはアウトライン化したデータを入稿してください。
カード端までデザインがある場合は、周囲3㎜の塗り足しを付けてください。
書類のカラーモードはCMYKカラー設定にてお願いいたします。
特色印刷の場合はスポットカラーにてご指定お願いいたします。
配置画像はPhotoshop(フォトショップ)で作成したEPSファイルを配置してください。
方式はリンク配置にてaiファイルと同フォルダに保存して
フォルダを圧縮して入稿願います。
解像度は350dpi程度を推奨いたします。
データ確認用にPDFカンプもしくは、
確認JPEG画像・スクリーンショット画像をご一緒にお願いします。

PVCプラスチックカード商品について、詳しくはこちら>> 【PVCプラスチックカード商品ページ】

関連記事