こすって剥がせる。スクラッチ加工のPVCカード

その他2018.12.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エアコンの乾燥に負けないよう水を飲みながらブログ作成中、スタッフのかわねです。
みなさんも乾燥には気を付けてくださいね。

今回は弊社でも頻繁にご注文いただくPVCカードスクラッチ加工についてお話したいと思います。

そもそもPVCカードとは

まずPVCカードとは、ポリ塩化ビニル素材のカードです。
と言うとイメージしにくいかも知れませんが、誰もが持ってるといっても過言ではないほど、一般的なプラスチックカードです。
PVCカードについて詳しくはこちら

そして、このPVCカードに「スクラッチ加工」を施すことで一般的な使い方とは少し違ったことができます。

PVCカードにスクラッチ加工

スクラッチ加工とは、文字通りスクラッチくじなんかで使われているもので
コインなんかで削って楽しいアレですね。ちょっとドキドキしますね。


(before:削る前)


(after:削った後)

ちなみに、このスクラッチ加工を施したPVCカードの使い道の一例としては…

  • ・コンテンツダウンロード用のシリアルナンバーを記載 → カード所有者のみダウンロードできるサービス
  • ・イベント来場者に配布する抽選番号を記載 → たちまち抽選会場のドキドキ感を演出
  • ・シンプルに「あたり」「はずれ」を記載 → あたりが出たら景品をプレゼント

…など、工夫次第で色んな使い方ができる加工です。
ただのカードで終わらせたくない…という時にはきっと選択肢の一つ入るスクラッチ加工です。
そしてまだまだ新しい使い方がこれから発見されるのが楽しみなカードでもあります。

まとめ

このように一般的に広く使われているPVCカードにスクラッチ加工を施せば、たちまちちょっと変わった使い方ができるようになります。
イベントを盛り上げるときにひと工夫したい時や、シリアルナンバー付きカードを作成する場合はご検討くださいませ。

もちろん、「スクラッチ加工でこんなことはできますか?」など、ご質問は気軽に弊社までお問い合わせくださいね。

→お問い合わせはこちら

ちなみに、このカードはサンプルのスクラッチだったのですが、
幼い頃ハズレとわかった後でも最後までゴシゴシ削ってた情熱が再燃しました。

ねこちゃんも満足そうです。

それではこのあたりで失礼します。

関連記事

その他

バーコードやQRコードの印字依頼方法について

詳しくはこちら